0学占い用語集

0学占いは、中国に古来から伝わる易学をベースにしており、占星術や十二支などさまざまな要素を研究した運命学の集大成といえます。
0学占いの基礎知識として、占いに使われている用語の説明をします。

0学占術

0学占いは、昭和15年に御射山宇彦(みさやま・うひこ)師が、開祖として確立した占術です。
その後、0学占術の方式や早見表などが国に特許として認められました。
まさに実績・権威ともにある運命分析学といえます。

この学問を知的財産として継承していく目的で設立されたのが0学会本部です。
0学会本部の会長は、開祖の子息である御射山令元(みさやま・れいげん)氏がつとめています。
0学は商標登録されているので、占いとしては稀有なブランドとして今日に至ります。

六王星

0学占いでは、6つの星を“0星・ゼロスター”と名づけ、その星からひとりひとりの運命を解読していきます。
6つの0星は、水王星・木王星・月王星・火王星・金王星・土王星で、これをまとめて六王星と呼びます。

支配星

六王星をそれぞれの星を陰と陽に分けて、12の支配星として分類したものが支配星です。
支配星は、水星・氷王星・木星・海王星・月星・魚王星・火星・冥王星・金星・小王星・土星・天王星と呼ばれます。
自分の支配星を知るためには、生年月日から運命数を導き出す必要があります。

生年星座(干支)

0学占いでは、支配星と同様に十二支に登場する動物も、運命に深くかかわっているとしています。
方位・季節など、十二支がもたらす要素もとりいれて占術を行います。

運命周期

0学占いでは、運命のサイクルとして0地点から12の運命地点をもとに占います。
年運・月運・日運ともに、12の周期で運命がめぐり、その流れを読み解く占術となっています。
この占いでは「人はみな生まれ持った支配星があり、その人の性格や運勢の流れを大きく左右している」と考えられており、時間の流れによる運命の変化を、運命グラフという形で体系的に教えてくれます。

12の運命地点-時期と運気-

0地点

トラブルに見舞われ、最低の運気を実感する時期

精算

古い運命を精算して、新しい運命が始まる時期

開拓

大地にまかれた種から芽が出て、根を張っていく時期

生長

新しい運命サイクルが軌道に乗ってくる時期

決定

決断・選択・決定の時期

健康

健康や怪我に注意が必要な時期

人気

12の運命期のうち、最も輝ける時期

浮気

運気が停滞する時期

再開

積極的に行動することで運が開ける時期

経済

収穫の秋を実感する日

充実

幸せを実感できる時期

背信

運気が低迷する時期

12の運命地点-0学占いが当たる理由-

実際には0学占いでは、年運・月運・日運がそれぞれ12周期でめぐり、これに支配星・生年星座を掛け合わせて占うので、より詳細で細密に運命を占うことができます。

開祖0学占術

0学占いの携帯用の月額公式サイト・開祖0学占術では、生年月日と性別などを登録するだけで、あなたの支配星と日々の運命や運気を簡単に占うことができるのでおすすめです。

▼0学占術・月額占いはこちら▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加